かすかでも確実に前進…


by matya52

カテゴリ:日記( 143 )

愛の宅急便

不在票が何枚かポストに入っており、今日は早めに帰れそうだったので、夜、再配達をお願いしました。

20時過ぎ。
いくつかの荷物が届いて。

福岡の母と、熊本の弟が食品を送ってくれました。
カップ麺とか、缶詰とか、パスタソースとか。

コンビニ・スーパーが品薄になっているニュースを見た家族が、慌てて送ってくれた様です。

買い占めが問題になっている今、褒められた行動ではないのかもしれません。
九州でも品薄になっている商品があると聞き、必要なものが買えなかった方には、申し訳ないとも思います。

それでも私は、心配してくれる家族がいることがありがたく、涙が止まりませんでした。


昨日社内で行われた災害対策についての打合せの中で、「帰りたいって泣かれるかと思った」なんて言われて、こういう状況で帰れないでしょう と笑って言い返したのですが。
もしかしたら、無意識に、そんな想いがどこかにあったのかもしれないですね。

被災地では、多くの人が、がんばっています。
被災された方も、救助作業を行ってる方も。
東電の方々も。
みんなみんな、必死でがんばっています。
私もしっかりがんばらなくちゃ。
[PR]
by matya52 | 2011-03-19 23:54 | 日記

ともだちからの言葉

電車の運行状況だったり、計画停電の発表だったりを見聞きして、友人が「いるものない?なんか送ろうか?」と言ってくれる。
計画停電に備えて懐中電灯を用意したかったんだけど、どこも品切れで、ペンライトくらいしか手元にない為、懐中電灯がもし手に入る様だったらお願いしたい と伝えた。

「他にいるものは?」って聞かれても、「いま、必要なもの」が思い浮かばなかった。
欲しいものとか、用意しときたいものはもちろんあったけど、いまじゃなくていいと思ったので、そう伝えた。

そしたら「いま買わなきゃいけないものって考え、大事だね」って言ってくれた。
特に意識した言葉ではなかったけど、自分も「あ、そうか」って気がついた。

「昨日買い物に行った時、色々カゴに入れてたけど、言われた言葉思い出してよく考えたら、全部棚に戻せたよ。ありがとう。」
今朝、そんなメールが届いた。

普通に生活すること、買い物することは、必要だと思う。
お金の流れを止めちゃいけないから、買い控えも、ダメだと思う。
だけど、手元に物を余らせることは、いまは必要ない。

ちいさなことだけど、そんな思いを周りと共有することも、私にできることなんだと感じた。


大切な気付きを、ありがとう。
[PR]
by matya52 | 2011-03-18 12:36 | 日記
2011年3月11日、金曜日。
西新宿の事務所で作業中、地震発生。
物が散乱する・一部棚が倒れるなどはあったものの、外出していた社員を含め、全員ケガなく無事でした。

夕方16時あたりで帰社するよう指示がでましたが、電車が動いていなかった為、夜まで事務所に残り、数名で電車が動くまで待っていました。
幸い夜には動き出した為、混雑はしていましたが、いつも通りの路線で、帰路に着くことができました。

自宅に戻ると、オーブントースターが床にころがっており、壊れてしまってました。
本やDVDが床に散乱していました。
途中断水があったらしく、茶色の水が水道から出てきました。

私が当日受けた被害はこのくらい。
幸い、電気・ガス・水道のライフラインは大丈夫でした。

大変だったのは、24時間営業のスーパーが閉まっていて買い物ができなかったこと。
(コンビニはあいてたけど、物がなかった)
携帯が繋がらなかったので、駅まで戻って家に連絡をとったこと。
それくらいかな?


地震直後は、携帯が繋がらないし、メールも送れても受け取れない状態。
固定電話がかろうじて、少し待ったら復旧したというところ。
停電にならなかったので、事務所のインターネットに助けられました。
情報収集はTwitter上で行いました。
ガセネタが飛び交ったりもしましたが、外部との連絡がここは途絶えていない ということに、安心感を覚えました。

親兄弟をはじめ、福岡に住んでいる親戚・友人達も、すごく心配してくれて、11日夜に携帯のメールがちゃんと受信できた際には、10通を超えるメールがまとめて届きました。
繋がらないのを覚悟で、何度も電話をくれた人もいました。

ひとりひとりに電話をすることはできず、メールの返信のみになってしまったけれど。
とてもありがたかったです。



地震発生から6日たった今日。
相変わらずスーパー・コンビニには物がなく、最寄駅には電車が来たり来なかったり。
来ても本数激減で、決して「普通」とは言えない状況が続いています。
昨日は出勤できず、自宅待機となりました。
生まれてはじめての「計画停電」というものもあります。
(現段階では、住んでいるエリアは回避されているので、実施はされていないみたいです)
正直、けっこうしんどいなーと思う毎日です。



だけど。。。
自宅に帰ることができる。
お風呂にはいることができる。
電気もつく。
お布団で眠ることができる。
会社に行ける。
ごはんが食べられる。
当たり前のことが、当たり前じゃないんだと、気付かされる毎日。

ここよりもっと寒い地域が被災地になっていて、いまだ行方不明になってらっしゃる方もたくさんで。
家族親戚知人とまだ連絡が取れない方もたくさんで。

そんななか、他の人と同じ様に、自分も「私にできることはなんなのか」考えています。
ポイントを使った募金などができるサービスもいくつか教えてもらったので、少額ですがそちらから募金を行いました。
あとは、落ち着いて、日常を生きることを頭において過ごそうと思っています。
余震で体調が悪いなと感じたり、通勤で疲れ果てている毎日なんですが。
いつまでもこのままでいられないし。
目の前のことを一生懸命やることで、日本全体の復興の一歩になれたらいいな と思います。

これって自己満足なのかな?って感じる部分もあって、正直賛否あろうと思うのですが。
大きくなにかを動かす力を持っていない私は、賛同できる運動に可能な限り参加し、目の前の仕事を一生懸命こなして日常を生きることが、「私にできること」なのではないかな と感じています。



大きな力を持っている人は、被災地の為に、義援金をお願いします。
日常生活を送れている地域の方は、買いだめを控えて。お金の流れは止めちゃダメだから、別のところに使ってほしいです。
[PR]
by matya52 | 2011-03-16 20:36 | 日記

2011年 三社参り

あけましておめでとうございます。

昨日、ようやく三社詣りを終えました。
既に松の内も過ぎ、今更感満載ではありますが…

仕事はじめの4日に、熊野神社に会社の初詣で行ってきました。
おみくじは、中吉。
福岡では、全員でおみくじひいてやいやい騒いだもんですが、こちらではみんなおみくじひいてなかったです。
イベントごとかと思ってたけど、そうでもないのかな。

そして昨日。
まずは浦和の調神社(つきじんじゃ)。
狛犬ならぬ狛ウサギがいると友人に教えてもらい、こりゃ卯年だし行かなくちゃ とお参りしてきました。
いつも通り迷子になり、出口から入ってしまった為、狛ウサギさんに会えたのはお参り後だったんですが。。。
c0059015_10143484.jpg

c0059015_10142032.jpg

手水舎もウサギの口からお水が出てきてましたヨ。
c0059015_1015126.jpg

おみくじは、末吉。

次は、新宿の花園神社。
前を何度も通った事があったのに、お参りしたことがなかったので行ってきました。
夕方遅い時間の到着だったんですが、わりと人が多かったですね。
場所柄なのか分かりませんが、若い人が多かった様に思います。
おみくじは、中吉。


1日でお参りできた訳でも、三が日でもなかったですが。
私の三社参りはこうして幕を閉じました。

今ちょっとウィキペディアで調べてみましたが、三社参りって、全国である風習ではないんですねぇ。
友人らと初詣に行く際は、当たり前に三社回っていたので、これが普通なのかと思ってました。
福岡だと、護国神社・警固神社・若宮神社あたりでしょうか?
天神集合で、徒歩で行けるし。


今年は本厄yearなのですが、おみくじでみる運勢は中吉ってことですね。
正直、どのおみくじも、中に書いてあることは、そんなによくなかったです。
辛抱すれば、いいことあるよ みたいな。
「神様、今の状況見とらすとかいな」と思わず後ろを振り返りたくなる内容でした(笑)

2011年。
1年の計は元旦にだけある訳じゃないぞ!
ってことで、じっくり去年を振り返り、ゆっくり今年の計画立てる予定です。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by matya52 | 2011-01-09 10:27 | 日記

2010年 総括

日付が変わり、大晦日になりました。
仕事納めがぐだぐだなカンジで終わっても、大掃除が終わっていなくても、毎年この日はやってくる訳で。
いつもバタバタしながら、1年を振り返るタイミングとなっています。

今年は、大きな変化がありました。
転勤と一人暮らし。
どちらも人生初めての経験です。

特に転勤に関しては、事務所閉鎖もありましたので、正直キツかった。
ただ、去る為の作業なんかより、転勤後の方が何十倍も大変。
覚悟はしてたつもりだったけど、それ以上の毎日です。
仕事に対する負荷が増えたこともあるのかもしれないけど、心の方が、早くも折れそうになっちゃってます。
気持ちだけでここまでやってきた様なトコあるから、それが欠けちゃうと、なにをどうしたらいいんだかよく分かんない。
12月に入ってからは、「私どうやって仕事してたっけ?」「ひとつ上手くいかないと、こんなに色々崩れてくもんなんだなぁ」なんて感じる毎日でした。
もう、どうやったら元に戻るのかも分かんない。
こんなカンジは、久しぶりですね。
ちょうど4年ぶりくらい?
問題点は分かってるんだけど、改善する方法が分からないので、身動きがとれません。
ここも4年前と同じ。
あの時は距離が助けてくれたけど、今回はそれがないので。
時間が解決してくれんのかな?なんて思いで、年末年始休暇を迎えています。
これについては、また別途、じっくり頭悩ませる予定。

ここまでくると、ダメダメな1年か?と思っちゃうけど、そんなことはない。
まず、久しぶりに会えた友人がいます。
18年来の友人。大切な人。
彼女が来年、結婚することになったと聞かされ、喜び倍増☆
そしてもう一人。
彼女は15年来の友人。自分の為に泣いてくれる人がいるありがたさを教えてくれた人。
変わらぬ笑顔で迎えてくれて、当たり前の様に心配してくれる空気が心地よかったです。
そして、なかなか会えなくなっちゃったけど、メールや電話で言葉を届けてくれる友人も健在。
会えないことを淋しいと言ってくれる友人の言葉が、こんな風にあったかく伝わってくるものだとは思ってなかったです。

後半戦が激動だっただけに、振り返りで念頭に浮かぶのは夏以降のことばかりだけど。
人との関わりで、心が苦しくなって、悩んで、涙して。
温かさをもらって、支えられて、なんとか前を向いている。
そんな1年だったな と思います。

来年は、本厄を迎える私。
今よりもうちょっと、「自分を大切にする」事を心がけた方がいいのかな?
いつも自分がイチバンなのは間違いないけど。
自分の為に出来る事、自分の為にやっている事を、意識できる様に。
"ひとつのことだけ"に注力するんじゃなくて、他にも目を向けられる余裕を持つこと。

躓いても、すぐに立ち上がって歩いていける強さを、身につけたいと思います。

2010年、残すところあと22時間半くらい。
さぁ、どうやって過ごそうか???
[PR]
by matya52 | 2010-12-31 01:27 | 日記

冬至

なにも買わないつもりだったのに、つい立ち寄ったスーパーで、かぼちゃとゆずを購入。
近くにあったシャンパンやチキンには目もくれなかった私は、がっつり日本人らしいです。

今日も柚子湯にしよ♪
[PR]
by matya52 | 2010-12-23 08:31 | 日記

早めの帰社

退社時刻 20時過ぎ。
早めの帰社理由 「腰痛の為」。

おばーちゃんみたいですね と部下に言われながら事務所を後にした。
なんとでも言うがいい。
腰痛で泣いた事がある人間にとっちゃ、一大事なのだ。

明日も出勤だー。
[PR]
by matya52 | 2010-12-17 20:48 | 日記

明日は

泣けばいいよ。
泣いたくらいじゃ、体の水分なくならないから。

明日は今日より楽になるよ。



あなたのその言葉に泣きそうです。
ありがとう。
[PR]
by matya52 | 2010-12-17 01:21 | 日記

日常に、追われる

どんだけ余裕ないねん…ってくらい、ブログ更新せず。SNSアクセスせず。ついーと控えめ。
そんな毎日。

環境に慣れることが最優先 って思いは確かにあったものの、働き方というか、なんというか…
自分のペースが全く守れない日常を送ってしまっている様な気がします。

8末に東京に来て、もうすぐ4ヶ月。
街に慣れるでもなく、かと言って拒否反応がある訳でもなく。
淡々と働くことはできないから、元気な日もあれば、凹んだ日もあって、イライラする日もある。


今週は、あたまからいやーな気分になることがあり、1週間見事に引きずっていました。
自分の態度に問題があったことは認めます。
が、書類を払われ、それが顔にあたるほどのことだったのか?という疑問はぬぐえないまま。
翌日以降「落ち着け」と自分に言い聞かせながら業務をこなしていたところ、昨日は「いつまでそういう態度続ける訳?」と言われました。

感情をぶつけても解決にはならんだろうと感じているので、堪えることを選択するしかないのだけれど。
我慢って限界があると思うんだよなぁ。。

「辞めてやるぅ」
って勢い余って退職できる身分ではないのですが、「ここにずっといること」については、色々考えちゃうカンジです。

求められていることと、自分が目指しているものとのギャップ。
日々こなしている業務と、評価があがらないことへの不満。
同僚、上司、部下への思い。
いい時はそんなこと頭の片隅に追いやっちゃうのに、何かあると、こういう感情ってどぅわぁーって吐き出されてきちゃうんですよねぇ。

「もうダメかも」と思っても、すぐ辞められる状況にないので、まずはそこへの貯えについて、真剣に考えようと思います。

ここで働き続けることについては、あと2年見て、最終的な判断を と考えていましたが。
そこまで心が折れずに業務をこなしていくことができるのか、今週テンションがた落ちの私は、不安でしょうがない訳です。。。

ってことで、久々のメインブログはどーんと落ちた気分のなか、かなりの散文でお送りいたしました。

せめて週1でもいいから、自分を振り返る為にも、気持ちを書き綴るって大切だよねぇ。
[PR]
by matya52 | 2010-12-11 14:41 | 日記

なみだ

大切なひとの涙は、自分の深いところにインプットされる。
普段涙を見せない人だと尚更。
深い深いところに、重たく沈みこんで、居座り続ける。

人前で泣いたのなんて大学生のとき以来だ なんていう、笑顔が悲しかった。

なにもしてあげられない自分がいて。
どうするのが一番なのか分からない自分がいて。
ただただ、その場にいて、黙り込んでいた。

全力で支えていきたいって思ってた昔を思い出したけれど。
求められているところは、違う気がした。

悲しみを受け取ることはできないけれど。
きっと理解することもできないけれど。
他に言えないことを、黙って聞いて、胸にとどめることはできるから。

気をぬけるところは、ぬいたらいいと思うよ。


本人に伝えられなかった、あの日の心のことば。
[PR]
by matya52 | 2010-09-05 14:38 | 日記